« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

WSFモントリオール開催まであと10日

世界社会フォーラム(WSF)モントリオール開催まであと10日となりました。今回のWSFは、8月9日から14日まで、カナダ・ケベック州のモントリオールで開かれます。日本からは、ATTAC関西の会員も参加します。12日には、ネット中継による現地報告会も予定しています。

Fin

今回のWSFのスケジュールとテーマは以下の通りです。

続きを読む »

2016年7月26日 (火)

ATTAC関西・南スーダン問題学習会のご案内

ATTAC関西グループでは、南スーダン問題の学習会を企画しました。京都でのグローバルジャスティス研究会の前日、8月30日に予定しています。大阪、兵庫の皆さんは是非、こちらの学習会にご参加ください。講師は、同じ茂住さんです。

8_30

ATTAC関西 南スーダン問題学習会

「南スーダンの紛争 自衛隊は何のために派遣されたのか?」

自衛隊がPKOに参加している南スーダンで、停戦が破られ、戦闘が再開しています。

日本政府は「PKO参加5原則は崩れて」いないとして、自衛隊の駐留を継続すると明言していますが、戦闘は自衛隊の活動地域にも近づいています。

また、現地の日本人の国外退去のために陸上自衛隊、航空自衛隊が出動しようとしています。

紛争の歴史的経過や社会経済的背景を知ることを通じて、武力以外の方法で平和を実現できないのか。いっしょに考えたいと思います。 

8月30日(火) 午後6時半、エルおおさか南館71(京阪/地下鉄谷町線・天満橋から徒歩7分)

お話:「南スーダンの紛争の背景と解決への道」茂住 衛さん(アフリカ日本協議会)

資料代:500円

2016年7月25日 (月)

グローバルジャスティス研究会(8月)〜南スーダン紛争

京都で毎月開かれているグローバルジャスティス研究会の8月企画は、「南スーダン紛争 日本の私たちにできることは」です。

南スーダンは、スーダンから分離独立して以降、内戦状態が続いています。日本の自衛隊がPKO活動として南スーダンに駐留していますが、昨年成立した安保法制の「駆けつけ警護」の最初の対象になるのでは、とも言われています。

この南スーダンの状況について、アフリカ日本協議会の茂住さんにお話していただきます。ぜひご参加下さい。

Photo

2016年7月21日 (木)

「チュニジア国民対話カルテット」講演会

7月21日、大阪大学会館講堂において、「対話のパワー:市民社会とボトムアップの民主主義構築」と題する「チュニジア国民対話カルテット」講演会が開かれました。この講演会に参加したATTAC関西グループ会員のレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Tunisia_national_dialogue_quartet_2

2015年度ノーベル平和賞受賞「チュニジア国民対話カルテット」講演会が大阪大学で開かれたので参加してきました。事前申込制で、受付で名前を確認してから身分証の提示を求められました。

会場は、アラビア語専攻の学生も多く参加しているようで、スピーカーからのあいさつにアラビア語で返していました。一般参加者はちらほらという感じです。

この講演会は、大阪大学大学院国際公共政策研究科、大阪大学グローバルイニシアティブ・センター、公共財団法人笹川平和財団の共催でした。笹川平和財団が主催ないしは援助したイベントには「日の丸」掲揚が求められるという話を事前に聞いていたのですが、壇上には「日の丸」の姿はなく、ホッとしました。なお、カルテットの一つ、チュニジア全国法律家協会の代表は急きょ来日ができなくなったとのアナウンスがあり、講演は3名の方からでした。

続きを読む »

2016年7月17日 (日)

WSF現地報告会〜skype中継でモントリオールと大阪を結んで

世界社会フォーラム(WSF)2016が、8月9日〜14日、カナダ・モントリオールでおこなわれます。カナダ・ケベック州の社会運動団体を中心に世界百数十カ国から5-8万人が参加する予定で、千を越えるのイベントが開催されます。

ATTAC関西からも会員がフォーラムに参加します。そこで、現地とskype中継で結び、現地報告会を開きます。

新自由主義との闘い、TPP、貧困と格差、水問題、ガスパイプライン建設反対、先住民族との連帯、学生の闘い・・・北米の運動との新しい出会い。・・・大阪から参加する仲間のホットな報告をお楽しみに。

8月12日(金)19時〜21時。会場は、Studio Citizen(阪急電鉄千里線 「関大前駅」より徒歩7分、吹田市千里山東1-10-4 サンシャイン関大前3F)です。アクセスは下のチラシを参考にして下さい

http://bar-citizen.jimdo.com/

参加費:500円

お問い合わせはこちらまで

Wsf2016_8_12

 

 

2016年7月16日 (土)

ナイロビで債務帳消し市民フォーラムが開催

13692988_10154367082943928_44616613

7月17~22日に、4年に一度の第14回国連貿易開発会議(UNCTAD)総会がケニア・ナイロビで開催されます。報道によれば、各国政府首脳や研究者、ビジネス界から6,000~7,000人が参加する見込みとのこと。

この会議に先立って、7月13〜14日、債務危機について民衆の立場から討論する市民フォーラムが開かれました。アフリカを中心に世界各国から約40名の活動が参加し、熱心な議論が行われました。

ATTAC/CADTMモロッコ声明〜COP22に向けて

Arton13621c3484_2

11月にモロッコで開かれる予定のCOP22に向けて、ATTAC/CADTMモロッコが6月に声明を出しています。政府主導の「モロッコ気候正義連合」からの脱退と新たな政府・企業から独立した気候正義運動の構築を宣言しています。モロッコでは、社会運動に対して政府当局や政府系NGOによる圧力が強まっている状況にあります。セネガルやチュニジアでの世界社会フォーラムでは、西サハラ独立運動のワークショップなどを妨害するためだけに、大勢の政府系NGOメンバーが送り込まれていました。その中での、ATTAC/CADTMモロッコの今後の取り組みに大いに注目したいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

モロッコ気候正義連合へのATTAC/CADTMモロッコの書簡

親愛なる皆さん

2016年2月7日、わが組織は、ラバトで開かれたモロッコ気候正義連合の構成員会議に出席した。われわれの目的は、モロッコ民衆の多くが被害を受けている経済的・社会的不正義や環境不正義に対して闘おうとする全ての組織と共同の取り組みをすることである。不幸なことに、今日、統括委員会はこのイニシアチブを非民主的に支配し、それを国に奉仕する方向に向けようとしていることが明らかになっている。

続きを読む »

2016年7月13日 (水)

7月30日『スマホの真実〜紛争鉱物と環境破壊とのつながり』上映会

「インタグの鉱山開発を考える」実行委員会は、アジア太平洋資料センター(PARC)との共催で、映画「スマホの真実」上映会を開きます。この映画は、私たちが日頃使っているスマホが、実は多くの鉱物を必要としていて、鉱山開発による環境破壊と深く結びついていることを描いたものです。

Smartphone_s

また、アニメ「ウェイク・アップ・コール―未来からの電話」も同時上映します。上映のあと、宇野真介さん(アジア太平洋資料センター(PARC)から「生物多様性保全の観点から考えるエクアドル、インタグの鉱山開発問題」というテーマでお話していただきます。ぜひご参加下さい。

日時:2016年7月30日(土)PM 2:00 START
会場:同志社大学、今出川キャンパス 至誠館S2番教室 (1階)
アクセスはこちらから

資料代  一般1000円(学生無料)
お問い合わせ 
granma0726@brown.plala.or.jp (一井)

30_1

続きを読む »

2016年7月12日 (火)

フィリピンの活動家殺害で政府に要請文提出へ

7月1日、フィリピンのバターンで、クライメートジャスティス運動活動家のグロリア・カピタンさん(57歳)がバイクに乗ったガンマンたちによって射殺されました。

Gloria_capitan




グロリアさんは、仲間の間では「グロおばさん」と呼ばれていました。彼女は化石燃料(石炭)の利用に反対する運動に積極的に参加し、彼女の村の石炭貯蔵所の閉鎖を求める一連の行動や署名運動の先頭に立ってきました。

以下は、緊急に呼びかけられたフィリピン政府への要請文の要約です。ATTAC Japanとしても賛同に加わることを決めました。


続きを読む »

2016年7月 8日 (金)

グローバル・ジャスティス研究会〜7月の企画案内

京都で開かれているグローバル・ジャスティス研究会の7月企画を紹介します。

6月にスイスで実施されたベーシック・インカムをめぐる国民投票がテーマです

Photo

続きを読む »

最近の写真

  • Zap20170401
  • Intag170219
  • Rceplogo
  • 1446699735604
  • Https2f2fblueprintapiproductions3am
  • 15350636_1504259862921521_202831455
  • 2017_0120nodapl1
  • 2017_0120nodapl4
  • Img_0058
  • Ae_banner
  • 212gj
  • 221