2017年2月17日 (金)

RCEP交渉の現状と問題点を考える大阪集会

2月27日から神戸で開かれるRCEP交渉会合に向けて、26日の神戸での集会に加えて、3月1日には大阪でも集会が開かれます。以下、主催するRCEPに対する国際市民会議のHPからの転載です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「第2のTPP?」 RCEP交渉の現状と問題点
~医薬品特許、農民の種子の権利、ISDS~アジアのNGOからの問題提起

米国のトランプ大統領の登場によって崩壊したTPP。一方、世界にはTPP以外にも様々なメガFTAが進んでいます。
「中国主導」と言われ、米国からも警戒される『RCEP』の実態は果たしてどのようなものなのでしょうか? 

続きを読む »

2017年2月16日 (木)

「都構想・法定協議会設置」「民営化問題」「カジノ・IR」など大阪市会へ意見を集中しよう

2月13日の「いま大阪のあり方を問う学習集会」で発足した「どないする大阪の未来ネット(どないネット)」からの呼びかけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「都構想・法定協議会設置」「民営化問題」「カジノ・IR」など大阪市会へ意見を集中しましょう。

皆様、重ねてでございますが、「2・13 いま大阪のあり方を問う学習会」へのご協力ありがとうございました。
2月大阪市会で出される(出されている)3つの議案(条例)に対する集会の意思を文書にして、大阪市会議長に発信しました。 近日中に市会各会派にも送付します。
発信した「要望書」は以下の通りです。

大阪市会議長 木下誠 様

私たちは2月13日、「いま大阪のあり方を問う学習集会」を開催しました。この学習集会は、2015年5月の大阪市住民投票において「大阪都」構想=「特別区」設置が否決されたにもかかわらず、再び議論が蒸し返されている現状を憂慮して開催されたものです。

続きを読む »

2017年2月15日 (水)

「いま大阪のあり方を問う」〜中山徹さん講演要旨

2月13日、エルおおさかで「いま大阪のあり方を問う 学習集会」が開かれ,会場は110名の参加者で一杯となりました。主催は実行委員会で、ATTAC関西グループも参加し、司会を担当しました。
この学習集会でおこなわれた中山徹さん(大阪自治体問題研究所理事長)の講演「いま大阪のあり方を問う」の要旨を掲載します。

ーーーーーーーーー

大阪のあり方をめぐって、特別区,総合区,カジノ,万博といった問題が一杯出てきている。今後の大阪の方向性はこれでいいのか、お話していきたい。
維新は、全国では議員数を減らしているが、大阪ではまだ大きな影響力を保っている。茨木市議選では議席を減らしたが、柏原市長選挙では勝利したように。

続きを読む »

2017年2月10日 (金)

当ブログはseesaaブログへ移行します

当ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

以前にもお知らせしましたように、当ブログは近日中にseesaaブログに移行する予定です。今使っているeoブログが3月31日をもってサービスを終了するためです。

現在は、eoブログ・seesaaブログの両方に同じ内容の記事をアップしていますが、近日中にseesaaブログのみの運用に完全移行することになります。ブックマーク等は、以下のseesaaブログにつけていただきますようお願いします。

http://attackansai.seesaa.net

seesaaブログ版はこちらから見ることができます。

2.19 ラテンアメリカ鉱山開発をめぐる講演会

2月19日、「インタグの鉱山開発を考える」実行委員会主催で講演会が開かれます。この実行委員会には、ATTAC関西も参加しています。ぜひご参加下さい。以下、実行委員会からの呼びかけです。

Intag170219

続きを読む »

2017年2月 8日 (水)

RCEP会合前日!ジェーン・ケルシーさん特別講演会

TPPの頓挫に伴って、RCEPに注目が集まっていますが、RCEPの交渉も徹底的な秘密主義の下で進められています。
RCEPはTPPのような「有志連合」的な協定と違って、ASEAN諸国と中・韓・日が入っており、米国が入っていないという点では、多少は地域の経済的協力の枠組みとしての正当性はありますが、北朝鮮や台湾が入っていないという点では不十分です。
まさかTPPのようなISDS条項や知的財産権保護(日本は執拗に主張しているようです)は入っていないと思いますが、一部にはISDS条項も含まれているという情報も流れています。いずれにせよ、秘密交渉でやっていることは、それだけで十分に反対する理由となります。

Rceplogo

続きを読む »

2017年2月 6日 (月)

フィリピンにおける先住民族・農民リーダーの殺害に関する日本NGOの共同声明

以下、FoE Japanのサイトから転載させていただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月6日(月)、フィリピンの大規模開発等の現場で、自分たちの土地の権利を生命をかけて守ってきた先住民族や農民のリーダーが殺害されるという深刻な人権侵害の状況について、日本のNGO 19団体・ネットワークから日本政府・企業、および、フィリピン政府に対し、以下の共同声明を発出しました。 

同声明では、暗殺という許容しがたい人権状況を強く非難するとともに、日本政府・企業に対し、各殺害事件の早急な調査や先住民族・農民リーダーの保護など、人権状況の改善に向けた対応をフィリピン政府に要請するよう求めています。また、人権状況が改善されない場合には、日本が投融資を行なう現場で、土地や環境を守ろうとしている先住民族や農民リーダーに対する人権侵害の加担者になる可能性が否めないことから、投融資の停止や撤退を考慮するよう警告しています。

続きを読む »

2017年2月 3日 (金)

スタンディングロックにおけるキャンプ撤去(動画)

2月1日におこなわれたスタンディングロックでの抗議キャンプ撤去を撮影した動画を紹介します。

まず、ドローンを使って上空から警官隊によるキャンプ撤去の動きを撮影した動画です。


YouTube: Drone footage of police in the process of raiding the Standing Rock camps.

弾圧する側(郡保安階事務所)から撮影した動画です。


YouTube: Feb 2017 Rogue camp evicted

2017年2月 2日 (木)

スタンディング・ロックで警官隊がキャンプを襲撃、76名を逮捕

2月1日、アメリカのノースダコダ州・スタンディングロックで、警官隊が「the Last Child Camp」を襲撃し、76名を逮捕しました。

このキャンプは、「ダコダ・アクセス・パイプライン」建設に反対する環境保護活動家や先住民スー族らが作っていたものです。警官隊は、陸軍工兵隊が道路整備した後、ブルトーザーや音響兵器を使用して、キャンプを破壊し、聖なる火を消して、76名を逮捕しました。この襲撃は、トランプ大統領が署名したパイプライン建設推進の大統領令に基づいて行われたもののようです。

英文の記事と動画はこちらから。

ケベック市でのテロ事件について、カナダ政府がFOXのデマ・ツィートに反論

カナダのケベック市で、1月29日に起きたテロ事件(モスクでの銃撃で6人が死亡)に関連して、アメリカのメディアFOXニュースが公式ツィッターで「容疑者はモロッコ出身」という偽情報を流したことに対して、カナダ政府が抗議してそのツィートを削除させました。

テロ現場で拘束された2人のうち、モロッコ出身の人は目撃者だったことがわかり釈放された後も、FOXニュースは「一人は釈放され、もう一人は容疑者として拘束中」とだけツイィートを更新し、モロッコ出身者が釈放されたことは伝えませんでした。

これに対して、トルドー首相の広報官がツィッターでFOXニュースを非難するコメントを出し、FOXニュースに抗議したことを明らかにしました。それを受けて、ようやくデマ・ツィートは削除されたとのこと。英文ニュースはこちらから。

FOXはトランプ支持で有名です。これも「オルタナティブ・ファクト」の例でしょうか?トルドー首相は「移民歓迎」を打ち出して、トランプ大統領を真っ向から批判して評判のようですが、昨年8月の世界社会フォーラム(モントリオールで開催)にあたっては、トランプが入国禁止とした7カ国の幾つかを含めて、アフリカなどの諸国からの代表入国を認めませんでした。そのことは忘れてはいけないと思います。WSFでの入国拒否についてはこちらから。

Https2f2fblueprintapiproductions3am

最近の写真

  • Intag170219
  • Rceplogo
  • 1446699735604
  • Https2f2fblueprintapiproductions3am
  • 15350636_1504259862921521_202831455
  • 2017_0120nodapl1
  • 2017_0120nodapl4
  • Img_0058
  • Ae_banner
  • 212gj
  • 221
  • T02200296_2063277213842447588